学校公演

ユニット「あんてな」は2017年より、小学校向け鑑賞教室、演劇ワークショップの取り組みを始めました。お芝居を鑑賞することで喜怒哀楽を間近で感じ、ワークショップでは芝居体験を通じてコミュニケーション能力を高める事ができる、充実した内容をご準備しております♪

めじろくん

公演について

題名小学生向けオリジナル作品『めじろくん』 脚本・演出/本田誠人(劇団ペテカン)
上演時間約45分(生徒さんの300名以上場合2回公演も可能です。また、生徒さん参加のワークショップを組み合わせたプログラムも可能です。)
仕込み・搬入仕込み:約3時間(スケジュールによっては前日仕込み) 搬出:60分
公演期間通年受け付けておりますので、何日か候補日をお知らせください。(料金はお気軽にお問い合わせください。)

鑑賞教室以外にも、芝居の手法を使ったコミュニケーション授業、キャリア教育なども行っています。お気軽にお問い合わせください。

スクールコンサートのお申し込み・お問い合わせ

お電話 ユニット「あんてな」事務局 090-7444-2050(本田)
FAX 学校公演申込書に必要事項をご記入の上お送りください。
学校公演申込書ダウンロード(PDF)
FAX 0983-27-0425
メール お問い合わせフォームより、学校名・住所・連絡先・担当の先生のお名前・人数・希望日(候補を2・3日)をご記入の上、お問い合わせください。
〜「めじろくん」のあらすじ〜 友達をつくるのが苦手な小学生のあっくん。お隣に住むひなちゃんが話しかけてきても、いつも喧嘩になってしまいます。普段は一人ぼっちで野鳥図鑑を読んでばかりのあっくんの夢は、鳥の中でも一番好きな『めじろ』になること!
「馬鹿なことを言ってないで勉強をしなさい!」と怒ってばっかりのお母さん。
「飛べる!飛べる!」と根拠のない返事をするおじいちゃん。
そんなあっくんの前に、突如現れた“めじろの王様!”どうやら、めじろの王様は他の人には見えてないみたい。
ある日、あっくんは試作に試作を重ねて作った羽を持って、めじろになり空を飛ぶ計画を立てたのですが・・・。
不器用だけど負けず嫌いなあっくんの努力。挫折。そして、それを見守る家族、ひなちゃん、そしてめじろの王様。あっくんは何を感じ、どう成長するのか!?
引っ込み思案な少年が体験した、ひと夏の心あたたまるファンタジー♪

学校公演実績

  • 平成29年度
    • 延岡市立伊形小学校
    • 諸塚村立諸塚中学校
    • 日向市立平岩小中学校
    • 宮崎市立生目台西小学校
    • 宮崎市立生目台東小学校
    • 椎葉村立不土野小学校
    • 川南町立東小学校
    • 日向市立日知屋小学校
    • 串間市立有明小学校
  • 平成30年度
    • 都城市立山之口小学校
    • 日向市立塩見小学校校
    • 日向市立塩見小学校
      他7校で上演予定

たかえ先生への手紙

公演について

題名朗読劇『たかえ先生への手紙』 脚本・演出/本田誠人(ペテカン)
上演時間約50分(生徒さん参加のワークショップを組み合わせたプログラムも可能です)
仕込み・搬入仕込み:約3時間(スケジュールによっては前日仕込み) 搬出:60分
公演期間通年受け付けておりますので、何日か候補日をお知らせください。(料金はお気軽にお問い合わせください。)
〜「たかえ先生への手紙」あらすじ〜 たかえおばーちゃんの楽しみは、教え子達からやってくる手紙を読むこと。
しかし、突然目が見えなくなってしまったことでその生きがいを無くしてしまってしまっていた。
そこにある日、お手伝いとして雇われた朝子がやって来る。
「手紙だけ読んでくれればそれでいいの」
楽な仕事に喜ぶ朝子、手紙の配達に毎日やって来る郵便屋さんの圭太郎。
やけに親切な郵便屋さんの圭太郎がたかえ先生の遺産を狙っていると勘づく朝子。
圭太郎は圭太郎で朝子に隠された重い過去を知ることになる。
季節は移りやがて・・・たかえおばーちゃんへの手紙は届かなくなる。
落ち込むたかえおばーちゃんのために朝子と圭太郎は悩んだあげく、教え子のフリをして手紙を書いてあげることにする。そう、嘘の手紙を。
お問い合わせ
ゆにっとアンテナ事務局
090-7444-2050
ページの先頭